うつ症状を改善するための治療!一番必要なのは休息

ドクター

色々な基準

医療

状況から判断する

うつ病の場合は治療において抗うつ剤を利用する事になりますが、現在病院で扱われている物は沢山存在しています。ただどの人にどの薬を利用しても良いわけではない為、まずはその人に合っているかどうかと言う所から判断しながら薬を選択します。既に抗うつ剤を利用したことがある人の場合は、どの薬が合っていて、どの薬があまり合わない・効果が無いかという事が分かっている場合も有ります。その為、まずは実際に過去にどの様な薬を利用したのか、その利用歴をから効果が合った物と無かったものを判断する事場合もあります。またその場合は症状が改善されたと言うだけでなく、症状が悪化した、気になる副作用があったかどうかと言う事も調べる形です。またその人によっても体質・体調が大きく変わっているだけでなく、既往症等も有るため、どの薬でも利用できるわけではない場合も有ります。その抗うつ剤を利用する事によって、気になる症状が悪化してしまう、何らかの合併症が起きる可能性がある場合等はその薬を避けなければいけません。たとえば糖尿病が悪化してしまうとか、肥満の人はより太りやすくなってしまうかどうかと言う事をチェックします。勿論既に飲んでいる薬が有る人は、その薬との相互作用はどの様になっているか、併用禁忌ではないか調べます。さらに、その薬を利用するリスクとベネフィットでも判断する場合があり、リスクよりもベネフィットの方が有ると判断されれば利用する時も有ります。特にうつ病の症状はその人によっても回復のスピードが違っており、全員が同じスピードで良くなって行くと言う訳ではありません。その為、薬を利用する場合はその投薬期間が3か月から半年程度継続する場合も多々あります。初期の副作用としては吐き気等が報告されていますが、これは薬に体が慣れれば改善される場合も有ります。ただ長期的に服用すると体に対して負担を掛けてしまうだけでなく、人によっては性機能等に障害が起きてしまう可能性も無いわけではありません。また、その人自身がしっかりと飲めるかどうか、という事でも利用する薬が変わる場合も出て来ます。薬は定期的に服用する必要がありますが、1日に何回も飲むとなると飲み忘れてしまう、負担になってしまうと言う人も居ます。その場合は1日に1回服用でも効果が期待出来る薬を選ぶ等の配慮がなされる形となっています。