うつ症状を改善するための治療!一番必要なのは休息

ドクター

休息が大切です

医療

頑張り過ぎない事

うつ病を発症する原因は人それぞれで全ての人が同じと言う訳ではありませんが、気を付けるべき事は共通している事も多々あります。たとえばその一つが頑張り過ぎない事で、出来るだけ体だけでなく心も休めてあげるようにする事です。うつ病は頑張り過ぎてしまった為に心も体も疲れている状態とも言えるので、ある程度の休息が必要です。早期回復の為にも、出来るだけ体と心を休めて、溜まってしまった疲れを取り除きます。また周囲の人からの言葉かけと言う点でも注意する方が良い点はいくつかあり、その一つが頑張ってと言う言葉です。既に本人は頑張り過ぎてしまったが為に現在の状況に陥っています。その為、周りの人が何の気もなく発した頑張ってねと言う激励の言葉が、本人には重くのしかかってしまうことも有るからです。出来るだけそっとしておく事、今はただ見守るようにしておく事もうつ病の人の周りにいる人には必要な事です。うつ病はいずれは治る病気ですが、その症状が人それぞれだと言うのと同じで、回復のスピードも人によって全く違います。投薬治療をすればすぐに良くなって行く人も居れば、少し効果が感じられるまで時間がかかってしまう人も居ますが、これは全て個人差だと言えます。ただうつ病になった場合、初期症状は勿論の事、やる気が出ないとか食欲がない、眠れないと言った顕著な症状があるにも関わらず放置してしまう人も居ます。勿論放置しておいたとしてもすぐにその症状が悪化して行くと言う訳ではありません。しかし埃が少しずつ積もって行くのと同じで、心の疲れも徐々に増して行き、結果的に精神的にも身体的にも症状が出てしまうことがあります。うつ病自体は放置しておいたとしても治る病気と言う訳ではないので、出来るだけ適切な時期に処置を受けるようにします。気になる症状がある場合は、精神科、神経内科等に行って、まずは問診などを受けてうつ病かどうか判断してもらいます。またその時は自分一人で病院に行っても良いのですが、周りにいる人に付き添ってもらう方が良い場合も多々あります。付き添ってもらうことによって普段の状態を医師に伝える事が出来るだけでなく、周りの人のうつに対する理解を深める事にもつながるからです。