うつ症状を改善するための治療!一番必要なのは休息

ドクター

周りが意識してあげよう

男性

一人にしないようにする

うつの症状はたくさんあるので、人によっては、うつ病だと気づかないこともあります。別の病気だと勘違いしてしまうこともあるので、素人判断をせず、適切な科を受診しましょう。よく分からない場合には、心療内科を受診するといいかもしれません。また、代表的ないくつかの症状について調べておくことも大切です。例えば、気分が落ち込んでしまうことが挙げられます。これがあまりにも長く続くようなら危険です。他の症状も併発してしまうことがあるからです。例えば、気分が落ち込んでしまうとものを食べられなくなってしまうこともあります。つまり、拒食症になってしまうこともあるのです。体重減少によって女性なら生理が来なくなってしまうことも考えられます。また、気分の落ち込みがどんどんひどくなると、自殺願望を抱いてしまう人も居るので注意が必要です。ここまで症状がひどくならないようにするには、周囲の身近な人たちの協力が必要になります。家族や友人などが注意深く状況を見てあげましょう。特に自殺願望のある人は一人にしておくと危険です。家族が気をつけることをお勧めします。もちろん、症状がひどくなる前にうつ病ではないかと周りが気づいてあげられれば、心療内科へ連れて行くことができます。うつ病に限らず、どんな病気でも早期発見による早期治療なら状態も早く緩和するものです。家族ではなく友人や会社の同僚などがおかしいと気づくこともあります。周りにいつもとは違った雰囲気の人が居たら、様子を伺ってみましょう。それから、症状によっては心療内科ではなく、別の科で治療を行うこともあります。例えば、拒食症になって生理が止まってしまった女性なら、婦人科もあわせて通った方がいいでしょう。ホルモンバランスを検査した上で、ホルモン治療を行うこともあるからです。もちろん、拒食症が改善されれば、自然と順調な生理のサイクルが戻ってくることもあります。また、うつ病の症状によっては仕事ができなくなってしまうこともあるので、そんな時には休養期間にあてましょう。有給を利用して、まずは状態を落ち着かせることが大切です。